他温泉との成分比較
(名 称) 横浜温泉
チャレンジャー
湯河原温泉
(10箇所中の最高値)
湯本温泉
(10箇所中の最高値)
 
総溶存量 mg/l 8,662 2,590 2,850
マグネシウムイオン Mg2+ mg/l 32.4 0.8 0.36
メタホウ酸               HBo2 mg/l 192 14.8 42.6
塩素イオン     Cl mg/l 4,810 1,040 1,100
ナトリウムイオン  Na+ mg/l 2,980 626 696
炭酸水素イオン   HCO3 mg/l 314 70.5 84
カリウムイオン   K+ mg/l 55.2 41 9.18
カルシウムイオン   Ca2+ mg/l 146 199 266
メタケイ酸      H2SiO3 mg/l 88.6 136 174
硫酸イオン     SO42+ mg/l 0.00 496 646
硝酸イオン     NO3- mg/l 0.00 1.13 1.37
                                             2015年5月1日時点

・「マグネシウム」:温熱効果があると言われている
・「メタホウ酸」:消毒効果があると言われている
・「塩素」:保湿効果があると言われている
・「ナトリウム」:殺菌効果、血液循環を促進する効果があると言われている
・「炭酸水素」:洗浄効果があると言われている
・「カリウム」:血圧を下げる効果、むくみ予防があると言われている

※Googleで無作為に検索し、湯河原温泉さま、湯本温泉さまごとに「温泉分析表」を
確認することの出来た他社様の温泉10箇所を選択。
そして、その10箇所の温泉から、各成分で最も量が多かった温泉の数値を引き出し、
比較をさせて頂いております。
温泉の特徴に戻る
inserted by FC2 system