(PDFファイル 872KB)
 
   
【お問い合わせ】

(受付時間 9:00〜22:00)
 

メールアドレス
onsenchallenger@gmail.com
 お返事が遅れる場合がござい
 ますので、お急ぎの場合は、
 お電話でお問合わせ下さい。
  地域交流施設 横浜温泉チャレンジャー  
温泉の特徴

温泉名 : 横浜温泉(源泉名:横浜温泉チャレンジャー)

湧出地 : 神奈川県横浜市旭区上川井字大貫谷2291番地

泉  質 : ナトリウム―塩化物泉(旧泉質名:純食塩泉)
      弱アルカリ性 等張性 高温泉

泉  温 : 45.8度

温泉の効能(入浴により改善が期待できる疾患・症状)
@温泉の泉質別適応症
  きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

A温泉の一般的適応症
  神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
  慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

温度・濃度・効力
高温度  地下1500mから湧出した温泉源泉の上に建てられた温泉施設です。
 湧出温度が45℃で、加温など措置の必要がなく、源泉のままで利用しています。
高濃度  温泉成分の濃度が非常に濃いです。
 食塩型の温泉で総溶存物質量が8662mg/kgと多く(300リットル湯量の浴槽で入浴剤の80倍
 以上に相当する)その効用は大きいに期待できる所です。
高効力  健康や美肌の効用に顕著な成分が特に多いです。
 特にメタホウ酸の含有量(192mg/kg)が傑出しているので、専門家からは「美人の湯」とも
 言われています。


調査及び検査日 平成21年10月29日
温泉分析表
温泉分析書別表
他温泉との比較
入浴剤との比較

 
横浜温泉チャレンジャーのTOPページへ


































inserted by FC2 system